アジサイ
先日の市場で出会ったアジサイ。
やっと探していた色が見つかりました。

この時期のアジサイはもちろん輸入のもの。
お値段も・・・なるほど・・・でした。

これできれいに乾かないと、泣けちゃいますから、
ここからが勝負!

花(ガク)の厚さ、水分・・・自然乾燥できれいに乾くかどうかを判断する。
(ちょっとプロっぽい・・・笑)
合格!

d0219973_904054.jpg
グリーンとモーブパープルのグラデーション。
きれいに乾きました。




よくアジサイの乾燥方法を聞かれます。
(先日tossyさんにも♪)
コップにほんの少し水を入れて立ち枯れさせるのですが、
これで成功するのはアジサイ次第。

花の状態によっては、何ををやってもダメなのです。
乾燥させるのにいい状態のものは、
温風でやっても立ち枯れさせても成功しますが、
そうじゃないものはどうやってもチリチリに・・・。

だから、アジサイ自体の見極めが大事ってことなんですね。

これからアジサイの季節ですね。
ご自宅で咲いたアジサイ・・・きれいに乾かしたいと思っている方が多いと思います。

でも、お庭でみずみずしく咲いているのはどうやってもきれいに乾きません。
夏を越すまで、そのまま切らずに色もkきれいなまま耐えたもの、
(関東では、だいたいが茶色くなってしまいます)
花びらが厚くなって、水分も抜けて・・・
この状態になったら、うまく乾燥すると思います。

最近人気の「秋色アジサイ」・・・
涼しい地域でうまく夏を越したアジサイなんですね。


これからのアジサイの季節に向けて、
昨年の北海道のアジサイを大切に保管していました。
リースを作ってUPしたいと思います♪

画像のアジサイ、これだけを使ってシンプルリースを作りたいのですが、
ものすごい贅沢リースになってしまいます・・・笑。
なので、アレンジに混ぜて使っていこうと思います。
by deuxR | 2011-06-05 09:15 | 花材
<< ウエディング 小さな主役 >>